アスリートピットはアスリートのための陸上競技・スポーツ用品を販売しています

ベル・アスレチックス・ジャパン(ベルドーム)

 弊社の社名は「フィールドハウス」と言う。

日本じゃ馴染みのない言葉だが、れっきとした英語。(米語?)

アメリカでは「室内陸上競技場」を意味する。

 会社を起こすとき、自分の「夢」を社名に冠した。

そう、私の「夢」は私設の「室内陸上競技場」をつくることだ。

 最低、数千万はかかろう。夢のまた夢。

でもいつか「アスリートランキングドットコム」が繁盛したら「フィールドハウス」として、陸上界に還元したいと考えている。

 うん。夢はでっかいほうがいい。



 そんな私の目標とするべき施設が群馬にある。

 仕事で北関東に行ったので、少し足を伸ばして、前々から気になっていたそこに行ってみた。

 群馬県前橋市の隣町、吉岡町にそれはある。公共の施設じゃないから案内も無く、地元の酒屋で場所を聞いて、なんとかたどり着いた。



 目的地「ベル・アスレチックス・ジャパン(通称 ベルドーム)」は、のどかな田舎にそびえていた。生憎、平日の昼間で無人。仕方なく外観を眺めるしかなかったが、あまりにも立派な建物(バラック小屋を想像してた)に驚いた。中には棒高跳びのピットが3面あり(当然全天候型)、それが同時に使用可能という恐るべき施設だ。しかも施設は無料(保険料のみ)で開放されていて、ポールも貸してくれるらしい。室内競技会も定期的に開催されている。私が必要性を予てから唱える。国内には類を見ない常設の室内陸上競技場だ。

 そして、驚くのは、これを作ったのが、中学の一教員ということだ。

 私費を投じて建設したらしい、多分、普通の人から見れば狂気の沙汰。でも顔も知らないこの先生は、私の中では紛れも無く、偉大なヒーロー。ひかりかがやいている。



 「ベルドーム」それはまさに「フィールドハウス」だ。

いつの日か、必ず。

そう、夢はきっと実現する。

コメント
はじめまして。香川県高松市陸上競技協会理事長の三宅と申します。私も,田中先生の行っておられるドーム建設から選手の育成に至るまで大きな感銘を受けているうちの一人です。実は,私たちの地にある屋島陸上競技場は,香川県立施設から高松市に移管され,平成24年度から再整備工事に入ります。その計画の売りが,田中先生のベルドームを参考にした室内陸上競技場の併設です。第二種競技場に室内競技場を併設している訳です。しかし,日本陸連は,それを公認とは許可しないとのことです。(あきれる競技団体です。)ポール王国と言われた過去の栄光にあぐらをかいていた時期に静岡や群馬の追随に遭い,今となっては中学校高校とも20年にも余って日本一は生まれていないていたらくです。何とか,この室内競技場を有効利用し,王国復活をめざしたいものです。
 田中先生のご苦労に敬意を表する一人として,貴殿の言葉に親しみを覚え,失礼とは思いながらコメントを送らせていただきました。高松市屋島陸上競技場の完成は,26年度末です。
  • 三宅 章夫
  • 2011/09/17 12:17 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

search this site.

categories

archives

recent comment

recommend

others