アスリートピットはアスリートのための陸上競技・スポーツ用品を販売しています

カムバック「8継」! どこよりも早い?ルール改正情報(その2)

 全日中(全日本中学校陸上競技選手権大会)の種目から4x200mリレー(通称 8継:ハチケイ 800mR)が消えて3年。中学の大会の最終種目が4x100mリレー(通称 4継:ヨンケイ 400mR)の決勝というのが、今でも違和感を感じる。中学の最終種目はやはり8継じゃないと、さみしい。つまんない。

 種目からなくなったのは3走から4走へのバトンパスでおしたのへしたののトラブルが多いからだそうだ。でも、こんな楽しい種目はない。スピード感のあるバトンパス、3走のブレイクライン、オープンレーンを走る迫力と分かり易さ。なにより、まだ未熟な中学生の走りに200mはちょうどいい。

 そもそも800mリレーが中学の正式種目になったのは陸上をはじめたばかりの中学生に走力をつける、大きな走りを覚えさせるという要素からだったんじゃないのか。結果、200mを走らない、200mを走った経験のない、200mを嫌がる中学生が増えたように思えてならない。これは陸上競技界のマイナス要因だと感じる。

 先日三重県の伊賀忍者屋敷に遊びに行ったとき(笑 プライベート)、近くにあった陸上競技場の中を覗くと中学生の大会開催中で、800mリレーをやってた。そう!通信陸上や夏の総体は仕方ないとして、他の大会は「ハチケイ」をやればいいんだ。(三重県って素敵!)
 でも実際は全国大会の競技種目じゃないとなかなか実施しづらいのが現実。なんとしても全日中で「ハチケイ」を復活させてもらわねば。

 そこで私が提言するのは、コーナートップならぬ、コーナーアウトだ。要は早い順に外から並ぶのである。
選手はバトンをもらってから内側に入ろうとするから外に人がいても邪魔になりにくい。速いチームが距離的に不利になることになるが、外にはみでても、それほど大きくタイムロスすることもないだろう。(机上の計算だが、5レーンに並んだとしても、ロスするのはわずか16cmだ)

 なんてことを考えてたら、このほど国際陸連(IAAF)が800mリレーのコーナートップを廃止した。
最終ランナー(4走)はスタートリスト順(レーン順)に内側から順番に並ぶというルール改正だ。
確かにこれなら3走の選手がクロスすることもなく、トラブルは低減されるはずだ。(でもアウトレーン不利だな)
※1600mリレーは現状通り(コーナートップ)である。

 まぁ私のコーナーアウトは半分邪道だと思うが、とにかく、中学には「ハチケイ」が似合ってる。
IAAFもルール改正したことだし、ぜひ全日中での復活を期待する次第である。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

search this site.

categories

archives

recent comment

recommend

others